《 ファイナリスト! 》

 

2018年 2月24(土).25(日)に東京で開催されるローランド・フェスティバル。

 

2017年から全国で大会予選が始まり、「楽器店大会/センター予選/ビデオ予選」を勝ち抜いたファイナリストが東京に集まります。

 

 

Fucciミュージックスクール代表でドラマーでもある、Fucci講師の生徒もこの大会に応募しました。

 

[Vドラム・ステージ]の全国予選に3人応募して、、、

 

結果は

 

3人揃ってファイナル出場です!!

 

 

凄い!

生徒さん頑張りましたね!

予選突破だけでも凄い事です!

 

しかし、予選結果は昨年末に発表されていたので、そこからファイナル用の曲決め作業。

そして鬼アレンジを施しました。

生徒さんは正月休みも返上して練習。

弱音を吐いたらお終いです。

コンテストの世界は弱肉強食。

上手い人が選ばれる。

わかりやすい世界です。

 

 

そのファイナル大会が2月24日に東京の練馬文化センターで行われます。

 

3人それぞれ個性的な曲を選び、かなり難易度の高いアレンジとなってます。

 

本当に頑張って練習してました。

 

1人はピアノをフューチャーしたフュージョンナンバーで、複雑な手足のコンビネーションを正確に叩く必要がありドラムソロも炸裂!

ゴーストノートをいかに小さくコントロール出来るかが課題。

そして、この生徒さんな何と、翌日のアンサンブルステージにピアノでも出場します!!

 

 

2人目はファンキーなナンバー。このリズムパターンも難しいのに追い打ちをかけるのがテンポ!

テンポは150で複雑なグルーヴからサックスやギターともインプロヴィゼーションが聴かせどころ!

ユニゾンが多いのも難易度高し!

先々週インフルエンザにかかって学校を休んだ時に猛練習したそうです。。。

 

 

3人目は小学生ながらプログレにチャレンジ!!

変拍子のパターンを休むことなく叩き続けます。

しかも一定の変拍子ではなく、複合の拍子が連続して変わっていくパターン。

小学4年生とは思えません。。。

この生徒さんも、ドラムにかけるエネルギーが凄すぎてインフンエンザでも叩いてたとか。。。

自分が小学4年生のころはファミコンに全エネルギーを費やしてましたね、、

エネルギーの使いどころを少し間違ってました(泣)

 

 

話が脱線してしまいましが、

 

2月24日のVドラムステージ・ファイナル大会!

翌25日のアンサンブルステージ!

 

結果がどうなるか楽しみですが、それよりも落ちついて今までやってきた事を出しきれるよう頑張ってください!!

 

 

結果は後日報告しますので、皆さん応援宜しくお願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね!

Twitter で
無料体験レッスンを実施しています。

Fucciミュージックスクールでは教室の雰囲気や講師の人柄を実際に見てから選べるよう無料体験レッスンを実施しています。 体験レッスンでは教室システムの詳しい説明や簡単なアドバイスをしており、質問などありましたらぜひ直接聞いて頂ければと思います。 ぜひ一度Fucciミュージックスクールへお越しください。

おすすめの記事